aaa

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い!ガスの種類

3 min 45 views
プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

こんにちは!今回の記事では、

[st-kaiwa1]プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いってなんなの?[/st-kaiwa1]

っと思っているあなたに、

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い」についてお伝えします。

それぞれの違いをお伝えする前に、「プロパンガス(LPガス)と都市ガスについて」簡単にお伝えしますね。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスとは

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

都市ガスとは

都市ガス」とは、地下のガス管を使って供給される天然ガスのことです。

東京や大阪などの都市は、ほぼ全て都市ガスですね。

本来、無色無臭ですが、ガス漏れの時に気付きやすくするために、匂いが付けられています。

空気より軽いため、ガス漏れの警報器は台所の上の方に設置されます。

プロパンガス(LPガス)とは

プロパンガス」とは、液化石油ガスを専用のボンベに詰めたものです。

「Liquefied(液化された) Petroleum(石油) Gas(ガス)」の頭文字を取って「LPガス」とも呼ばれます。

プロパンガス(LPガス)は、石油ガスに圧力をかけて、液化された状態で運ぶことができます。

そのため、場所を選ばず供給することができます。

また、本来プロパンガスも無色無臭ですが、ガス漏れの時に気付きやすいように、タマネギが腐ったような匂いが付いています。

空気より重いので、ガス漏れの警報器は、低いところに設置されます。

都市ガスのメリット・デメリット

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

都市ガスのメリット

都市ガスのメリットは、

  • プロパンガス(LPガス)より料金が安いこと
  • 設置が省スペース
  • 安全性に優れている

ことです。

料金が安い

都市ガスの一番大きなメリットは、「料金が安い」ことです。

プロパンガス(LPガス)は各家庭に業者が出向き、ガスボンベの交換や点検をする必要があるため、人件費がかかってしまいます。

それに比べ、都市ガスは、地下のガス導管を使って各世帯に供給できるので人件費がかかりません。

そのため、安く提供できます。

また、プロパンガス(LPガス)は各業者が自由に価格を設定できることに対して、都市ガスは「公共料金」なので、急な値上がりの心配はありません。

都市ガスのデメリット

  • 初期費用がかかる
  • 災害復旧が遅い
  • 料金交渉ができない

初期費用がかかる

都市ガスのデメリットは、「初期費用がかかる」ことです。

プロパンガス(LPガス)の場合、ガスボンベを設置するだけなので初期費用が低いです。

都市ガスは、家の近くにガスの導管がなかった場合、導管を引く必要があります。

その場合、何十万円の工事費用がかかる場合があります。

災害復旧が遅い

また、ガス導管を使っているので、災害時に安全確認→復旧に時間がかかってしまうこともデメリットです。

大災害が発生した場合、何日もかかってしまうケースもあります。

プロパンガス(LPガス)のメリット・デメリット

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

プロパンガス(LPガス)のメリット

  • 都市ガスに比べて火力が強い
  • 料金交渉ができる
  • 災害時の復旧が早い
  • 初期投資が安い

都市ガスに比べて火力が強い

都市ガスに比べて、火力(熱量)が強いことがメリットです。

都市ガスは、1立方メートルあたり約12000kcalで、プロパンガスは約24000kcalです。

そのため、都市ガスを使える地域でもプロパンガス(LPガス)を使っている飲食店さんもいらっしゃいます。

料金交渉ができる

また、プロパンガス(LPガス)はガス業者が自由に料金を決めることができる「自由価格」なので、料金交渉をすることができます。

災害時の復旧が早い

災害時の復旧は、プロパンガス(LPガス)の方が早いです。

都市ガスは地中にガス導管があるため、安全を確認するのに時間がかかってしまいます。

それに比べてプロパンガス(LPガス)は、仕組みが単純なので早く復旧することができます。

[st-kaiwa3]災害時の復旧が早いのは安心ですね![/st-kaiwa3]

初期費用が安い

また、プロパンガスを設置する初期費用はほとんどかかりません。

プロパンガス(LPガス)の会社は競争が激しいので、初期費用を肩代わりしてでも、自社のガスを設置して欲しいんです。

また初期費用を安くする代わりに、「メーター」や「ガス菅」の料金を月々のガス代に上乗せして請求しているケースもあります。

プロパンガス(LPガス)のデメリット

  • 都市ガスと比べて、料金が高い
  • ボンベを置く場が必要

料金が高い

プロパンガス(LPガス)は、都市ガスに比べて料金が高いです。

それは、「人件費がかかっているから」と「自由価格」だからです。

プロパンガス(LPガス)の会社ごとに料金が違うのはもちろん、各家庭ごとに料金が違うケースもあります。

なので、

[st-kaiwa1]お隣さんと同じガス会社なのに、ウチの方が単価が高い・・・[/st-kaiwa1]

なんてこともあります。

この場合、他社に変えることを匂わせながら料金交渉をすると安くなるかも!

また、ガス会社を変更するのもアリです。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い一覧まとめ

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いをまとめますね!

プロパンガス 都市ガス
ガス代 高い 低い
料金区分 自由料金 公共料金
災害時の復旧の早さ 3日〜1週間 1〜2ヶ月
主な原料 プロパン、ブタン メタン(天然ガス)
供給方法 液体ガスのボンベ 地中の導管
火力
(1㎥あたりの熱量)
約24,000kcal  約12,000kcal

以上、「プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い」をお伝えしましたが、いかがでしょう?

ちなみに、引越し後に「プロパンガス(LPガス)」と「都市ガス」を変えるのはかなり難しいです。

月々のガス代を安く抑えたいのであれば、「都市ガス」の物件に住むのがオススメです。

参考になれば嬉しい限りです。

ここまで読んでくださってありがとうございます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください