aaa

カメラの知識8

2 min 55 views

[jin-fusen1-even text=”ここに文字を入力してください”]

コメント

コメント

コメント

コメント

コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[box01 title=”ここにタイトルを入力”]ここに本文を入力[/box01]

[box02 title=”ここにタイトルを入力”]ここに本文を入力[/box02]

[box03 title=”ここにタイトルを入力”]ここに本文を入力[/box03]

[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”” target=”_self”]ボタン[/jin-button-flat]

[jin-fusen3 text=”ここに文字を入力してください”]

[jin-img-shadow]

ここに画像を貼り付けてください

[/jin-img-shadow]

[jin-img-waku]

ここに画像を貼り付けてください

[/jin-img-waku]

[2col-box]
[2-left]

左のコンテンツはここに入力

[/2-left]
[2-right]

右のコンテンツはここに入力

[/2-right]
[/2col-box]

AFについて

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ここに文字を入力してください[/chat] ミラーレス一眼やコンパクトデジカメのオートフォーカスは、撮像素子でピントを合わせる「コントラストAF」と呼ばれる方式が一般的で[box01 title=”ここにタイトルを入力”]ここに本文を入力[/box01]す。 これは、デジタル一眼レフカメラのAFの方式とは異なります。 デジタル一眼レフカメラのAFの方式は「位相差AF」です。 「コントラストAF」の方が、ピントの精度が高くフォーカスエリアを画面内の好きな場所に自由に移動できるというメリットがあります。 しかし、「コントラストAF」によるファインダー撮影に比べてピント合わせに少し時間がかかったり、動きのある被写体への対応力が物足らない部分もあります。 最近では、位相差AFセンサーの機能が組み込まれた撮像素子も登場し改善されてきています。 AF関連の便利な機能も色々登場してきています。 例えば、人の顔を認識して自動的にピントを合わせる「顔認識AF」です。 横顔では反応しないなど条件は限られてしまいますが、人物撮影でのピント合わせがスピーディーに決まります。 人物は、顔アップで撮影する場合は、目に合わせるのが基本なので、最近では「瞳AF」という機能もあります。 笑顔を検出すると自動で撮影される「笑顔認識」という機能もあります。 「追尾AF」では、ピントを合わせたい被写体を認識させると、構図を変更してもその動きに合わせてフォーカスエリアが移動して追いかけるといったことも可能です。 AFも、様々あるので色んな設定を試してみて、シーンや被写体によって使い分けましょう。

MFについて

デジタルカメラの性質上、どうしてもAFの苦手する被写体もあります。 また、光量が少ない室内や夜も、AFが苦手とするシーンです。 これらの状況でAFを作動させても、なかなかピントが合わず苦戦してしまいます。 この場合、早めにMFに切り替えることも検討してみてください。 AFとMFは、レンズの切り替えスイッチで行います。 レンズの切り替えスイッチをMFに切り替え、レンズのフォーカスリングを回すことでピント調整を行います。 ピントが合いさえすれば手段はなんでも大丈夫なので、AFにこだわりすぎずMFも試してみてください。 また、自宅でMFの練習をしておくと、いざという時に役に立ちます。

http://setsuyaku-antena.net/wp-content/uploads/2017/08/face_smile_woman4.png お姉さん
コンニチハ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください