aaa

カメラの知識6

2 min 46 views

手ブレ補正について

最近のカメラには、手ブレ補正機能が付いています。

手ぶれ補正機能などの普及により、これまで撮影しづらかった暗い環境でも手軽に撮影できるようになりました。

例えば、室内での静物撮影など被写体が完全に静止している条件では被写体ブレの心配はありません。

でも、カメラが手持ちだと手ぶれが起こりやすくなってしまいます。

この手ブレはシャッタースピードと大きく関係します。

すると、絞り値(F値)も関係してきます。

背景を、ぼかして柔らかく仕上げたいのであればF値を解放にする必要があります。

どれくらいぼかしたいのかにもよりますが、明るい大口径レンズが便利です。

絞りを開け、シャッター速度を稼ぐことができるので、手ぶれも軽減することができます。

それでも手ブレが起こるような状況では、手ブレ補正機能があると有利です。

さらにISO感度を上げて、シャッタースピードを早くすることも可能です。

画面内に動いているものがあれば、ブレてしまうかもしれませんが、夜景などの撮影でも手ぶれ補正機能と高感度、明るいレンズを組み合わせれば、手ぶれのない写真に仕上げることができます。

三脚について

また手ブレは三脚でも防止できます。

被写体ブレには、対応できませんが、手ぶれ補正のように効果に限界はありません。

ISO感度を上げる必要もないので、高解像度を保つことができます。

三脚を使うメリットとして、絞りや被写界深度の制限がなくなることもあげられます。

なので夜景を撮影しに行く時は三脚があると便利です 。

夜景の撮影では、絞りのある程度絞り込んだ方が、全体がシャープな描写になり、きれいな仕上がりになることもあります。

高感度や手ぶれ補正機能は手軽で大変便利ですが、それらに頼り切ることは控えたほうがいいです。

日中でも使用

 

三脚は、夜景など光量が少ない条件で使用するのだと思っている人が多いと思います。

手ぶれ補正機能や、高感度の機能が向上してきているので、その必要性は薄れてきているのも事実です。

しかし、被写体やシーンなどにもよりますが、三脚があるとピントや構図が安定する・露出など各種カメラ設定をじっくり考えることができるため便利です。

日中でも、三脚の使用を検討してみてください。

私の場合、室内で静物撮影をすることがあるので、日中でもよく三脚を使います。

三脚を使うことでアングルを固定することができるので、被写体をよく観察することができます。

そして、カメラの設定などに間違いがないか確認する心の余裕もできます。

三脚があることで、撮影中でも、被写界深度や画像処理でカバーできない部分など、検討することができます。

また、三脚を使用することで必然的に撮影が丁寧になります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください