aaa

カメラの知識3

2 min 15 views

前回の続きです。

wi-fi と Bluetooth について

アイコン名を入力

最近、当たり前になってきているのか wi-fi 機能です。

wi-fi 機能を専用アプリをインストールしたスマホなどからメモリーカードないの画像を閲覧したり転送したりすることができます。

そのためその場でメールに添付して送ったり SNS などに投稿したりすることも容易に行うことができます。

またスマホからカメラをコントロールすることもできます。

撮影などに便利なのは言うまでもなく、カメラから離れた位置から自分撮りしたい時などにも映り具合を確認しながら撮影することができます。

プロカメラマンからも商品撮影でカメラを高い位置にセットした時などに、以前は脚立に登ってファインダーを覗かなくてはならなかったのが、今は手元のスマホで画面を確認できて重宝しているという声も聞かれます。

パソコンとの接続が可能な機種も多く、その場で大きな画面で確認したりデジタルカメラの画像を自動で転送したりが可能です。

さらにカメラ同士で画像を送受信できたり対応するプリンターでワイヤレスプリントできたりなど随分便利な機能に成長してきたと言えます。

ただし電波を送受信しなくてはならない関係で消費電力が大きくなることは避けられません。

wi-fi 機能で電池を消耗して肝心な撮影に支障が出ては末転倒となってしまいます。

注意しながら撮影する必要があります。

消費電力のことを考えると wi-fi よりも Bluetooth の方が有利です。

ニコンのカメラでは切るたびに自動的に画像を転送することが可能なカメラもあります。

スマホ側での操作が全くいらないのが特徴です。

h3

てきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすと

h3こんにちは

てきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすとてきすと

フリッカーレス機能

蛍光灯やLED照明などの照明機器には目には見えない速さで光っています。

これをフリッカー現象と言います。

短い時間で明るさが変化するため、体育館なども屋内でのスポーツ撮影で速いシャッタースピードで連写した時にコマごとに露出がぱらついたり明るさにムラのある写真になったりすることがあります。

このフリッカー現象の影響を軽減することができるのがフリッカーレス撮影機能です。

カメラがフリッカーを検知すると、照明が最も明るくなる瞬間にだけシャッターが切れるようになるため露出のばらつきを抑えることができます。

ただしシャッターを切るタイミングをずらす関係でレリーズタイムラグが長くなったり連射スピードが遅くなることがあるため場合によっては注意が必要です。

今回は以上です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください